【ご祝儀制 VS 会費制の結婚式 】お金・スタイル・場所を徹底比較

「結婚式」というと、
関東では「ご祝儀制」をイメージする方が多いと思いますが、
最近は「会費制」も増えている印象があります。
(北海道や青森では、逆に「会費制」が一般的で、だいたい会費は18,000円と決まっているようですよ!)

では、それぞれにどんな違いがあり、どんなおふたりにマッチするのか、
そして今後この「結婚式スタイル」はどうなっていくのかご紹介します。

ご祝儀制ウェディング

スタイル

招待されたゲストがお祝いとして自主的にご祝儀を持参するスタイルです。
一般的には友人で3万円、ご親族で5万円ほど包むと言われています。

場所・内容

開催場所で言うと、ホテル・専門式場・ゲストハウスなど
フォーマルな場所で行われる場合が多く、
✓お料理はフルコース
✓非日常空間の中でおもてなし
✓引出物を用意
するスタイルが一般的です。

どんなおふたり向きか

ゲストへの「おもてなし」をしっかりしたい、というおふたりには支持されており、
昔からあるスタイルですので、
ゲストに親族やご上司の方が多い場合は、
ご祝儀制ウェディングは違和感なく受け入れられるのが現状です。

会費制ウェディング

スタイル

新郎新婦など主催者側が会費を設定し、ゲストは受付で会費を支払います。
会費の相場は、10,000円~20,000円と言われています。
ご祝儀と比べると、ゲストにとって負担は少ないですね。

場所・内容

開催場所は、レストランやカジュアルな場所が選ばれやすく
✓お料理はカジュアルにブッフェスタイル
✓引出物は用意せずに、お帰りの時にプチギフトを渡す程度
の場合がほとんどです。

どんなおふたり向きか

友人が中心のパーティーをイメージしている場合や、
沢山の人に気軽に来てほしい場合に向いていますね!

注意点

また、会費制ウェディングは、海外挙式アフターのパーティー(1.5次会)でも多く選ばれています。
ただ、海外挙式+アフターパーティーで注意したいこととしては、
衣装・ブーケ・カメラマンなど両方で必要になっていまう場合も…。
海外挙式を手配されたところがプロデュース会社だった場合、
お得にパーティーを行える式場やプランを紹介してもらえる場合もありますが、
もし自分たちで会場を探す場合は、
ドレスなどの持込について契約前に確認することをオススメします。

まとめ

現在は、「ご祝儀制」が一般的ですが、
海外挙式アフターパーティーが増えたり、
「ゲストに負担をかけたくない」という気持ちのふたりが増えたり、
堅苦しい結婚式より自由でカジュアルな結婚式がしたい、というおふたりも増え、
「会費制ウェディング」は今後もう少し増えていくように感じます。

「ご祝儀制」「会費制」どちらが良いという答えはありませんが、
固定概念にとらわれず
【何のために結婚式をするのか】
【どんな人を招待して、どんな時間を過ごしたいのか】
ふたりでじっくり考えて出した答えの積み重ねが、
ふたりらしい、ふたりなりの結婚式の形になると思います。

[ 【ご祝儀制 VS 会費制の結婚式 】お金・スタイル・場所を徹... ]花嫁講座2019/05/21 08:20